リサイクルスタイル
HOME
3R
家電リサイクル法
容器包装リサイクル法
リサイクルの仕方
リサイクルマーク
サイトマップ
リンク
ライン

限りある資源の有効活用、リサイクル

最近、テレビのニュースや新聞でもさかんにリサイクルの重要性が叫ばれていて、世界的に見てもリサイクル推進が進められています。その傾向は一般家庭のゴミの分別でも見られ、ペットボトルとペットボトルのフタは分けて捨てるなど、リサイクルが地域、そこに住んでいる人々に根付くようにリサイクル運動が推し進められています。

こうした背景には、ゴミの増加、環境破壊の問題などが絡んでいると思われます。環境保護のため、ゴミの増加量を減少させるため、省エネルギーのためなど、様々な理由から廃車などのリサイクルが推進されています。ゴミに関して言うと、一部の大都市ではゴミ捨て場がいっぱいで、海を埋め立ててゴミを捨てる場所(最終処分場)を確保するなど、私たちの生活のために人工的に自然を壊してしまうことで環境が悪化したり、生物の生存にまで大きく関わってきます。

このままだと、次の世代そのまた次の世代には今より環境が悪化し、将来的には地球上に住む生物は絶滅してしまうのではないのかとさえ言われています。よくSF映画では、自然環境の悪化で地球に住めなくなった人類が、月や火星など別の星に移るという作品が多く作られてきました。昔の映画で作られて来た物は、現在実現されているものも数多くあり、もしかしたら何百年と先の地球は、SF映画で作られてきたような世界になってしまうかもしれません。
少し話が飛躍してしまいましたが、そう考えると現在リサイクルが叫ばれているのもうなずける話なのです。世界各国でもこれからの地球の環境に対して危機感を持っているため、リサイクル運動を推し進めているのでしょうね。

では、実際に「リサイクルしよう!」と思っても、どうしたらいいのか分かりませんよね?ここではリサイクルの方法や疑問解消など一緒に学び、地球に優しい地球人を目指すサイトを心掛けています。今日からリサイクル、始めてみませんか?

リサイクルの意味とは?

リサイクルとは英語表記で「Recycle」と表記し、「Cycle」は循環のこと、「Re」は再度という意味になるので、製品化された商品などを再度資源化し、新しく作る製品の原料として有効活用することをいいます。つまり、今まで使っていたものを他のものに再利用する、再循環(リサイクル)のことですね。身近なリサイクルで言うと、いらなくなった雑誌や新聞紙などを使ってトイレットペーパーを作ったりしていますね。あれもリサイクルになるのです。

リサイクルの効果

資源を再利用することをリサイクルと説明しましたが、では、リサイクルをするとどんな効果があるのでしょうか。

 1.ゴミの処理費用の削減
 2.ゴミ埋立地の回避・延命
 3.再利用することでの経済的価値の創造
 4.再利用することでの資源の消費削減
 5.環境破壊の悪化の軽減、回避


資源ゴミのいろいろ

リサイクルするためには、再利用できるゴミ(資源ゴミ)があります。ペットボトル、牛乳パック、ビン、電池、缶、アルミ缶、スチール缶、古紙、布、廃油等再生利用可能なゴミのことを言います。、これがまた新たなものとして販売・活用され循環していくことで、リサイクルとなるのです。

check

携帯用ウォシュレット
http://www.rakuten.ne.jp/gold/spuler/
名札のデザイン
http://www.nafuda.jp/
屋形船の駒方
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/komagata/
札幌のエアコンクリーニングもお任せ!
http://www.sattorikun.jp/
ライン